So-net無料ブログ作成

ナルト9巻

#ボルト #ナルト #漫画
『ナルト』10巻はロック・リーとガアラの対決である。ガアラは圧倒的な強さが描かれており、多くの読者はガアラの勝利を予想するだろう。リーは、その前予想を覆す善戦であった。ここには物語作りの巧みさを感じる。強い者が勝つことは当然である。気合いや精神論、根性論で勝つよりも、はるかに現実的である。しかし、はじめから勝敗が見えている勝負を見せられても面白くない。もしかしたらと思わせる勝負であった。
日向ネジと日向ヒナタ、日向家同士が対決する。分家がヒールで、本家に感情移入させようとする設定はどうなのか。
『ナルト』9巻は中忍選抜試験の第三の試験の予選である。サクラと山中いのの対決の続きである。サクラにはカマトトぶった表面とは別の内なるサクラの声がある。これはギャグパートで使われるネタであった。これが、いのとの戦いでは意味があった。ここまで考えた設定であるとしたら恐ろしい。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。