So-net無料ブログ作成
検索選択

Twitterまとめ投稿 2016/01/31 [林田力hayariki]


ペンシル

林田力『東急不動産だまし売り裁判こうして勝った』(ロゴス社)は東急リバブル東急不動産不買運動のペンシルである。林田力『FJネクスト迷惑電話』(Amazonキンドル)はFJネクスト不買運動のペンシルである。林田力『二子玉川ライズ反対運動』シリーズは二子玉川ライズ反対運動のペンシルである。林田力『東急ハンズ過労死』(アマゾンKindle)は東急ハンズ過労死批判のペンシルである。林田力『東急ストアTwitter炎上』(アマゾンKindle)はバカッター事件のペンシルである。
林田力『危険ドラッグ話題は禁止』(Amazonキンドル)は吉野健太郎の危険ドラッグ犯罪告発のペンシルである。林田力『危険ドラッグにNO』(Amazonキンドル)は吉野健太郎の危険ドラッグ薬事法違反告発のペンシルである。

ワンピース』80巻はドレスローザ編が完結し、ゾウ編に突入する。海軍大将・藤虎の追及をどのように逃れるかが見所である。今は海軍大将と雌雄を決する段階ではない。よくある漫画のパターンは追及者が本気を出さずに見逃すという展開である。それでは御都合主義的である。『ワンピース』は藤虎が本気を出せない状況を生じさせた。それもルフィの力である。
ルフィの自由に対する感覚が示される。組織には囚われないが、繋がっているという現代人の求める理想的な関係が提示されている。やはり現代人にとって組織は束縛するものというイメージがある。
ゾウ編は想像を越える世界が描かれる。雲の上や海底の島が出た後は、これよりも不思議な島を描くことは難しいのではないかと思っていたが、まだまだワンピースの世界は深い。ゾウでは異なる種族と遭遇する。人種差別や民族差別の浅はかさを感じさせる描写がある。ワンピースは魚人島編でも人種差別批判と読める描写があった。以外と社会性の深いエンタメ作品である。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

FJネクスト不買運動を優待

2016012908470000.jpg#FJネクスト不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #FJネクスト反対運動
FJネクストのような考え方に陥っていることが危うい。FJネクストを取引先として採用してはならない。FJネクスト不採用運動を。
勧誘電話を平気でする人間には性格の悪い奴しかいない。性格の悪い奴しか生き残れない企業なのだろう。勧誘電話隊FJ工作員の性格の悪さは世界一である。
FJネクスト不買運動お土産を優待しよう。FJネクスト反対運動お土産を優待しよう。FJネクスト擁護工作員はFJネクスト不買運動をクレーマーと非難するが、FJネクスト擁護工作員はFJネクスト不買運動に対するクレーマーである。悪徳不動産業者の以下の特徴が当てはまる。
・自分の非を認めず聞き苦しい言い訳をする
・何があっても責任を取らず他人のせいにする

STAP細胞論文の著者だった小保方晴子・元理化学研究所研究員(32)が「あの日」と題した手記を出版する。

国政マターは地域利害と無縁ではありません。たとえば裁判所をどこに設置するかは地域利害と関係します。たとえば国会議員が全て関東出身で、関西出身者がいなかった場合に関西住民の利便性は適切に考慮されないでしょう。人間は神ではなく、自分の関心領域に片寄ります。全国民の利益を考えるなどというものは欺瞞でしかありません。
戦後日本において、地方の声を強くすると無駄な公共事業が増えてしまうという点は大きな問題です。しかし、それは地方の声が中央に反映されることが問題ではなく、地方の声が適切に代表されていないことが問題です。利権を狙う醜い土建屋の声ばかりが政治の世界で通ることが問題であり、それは国政も地方政治も同じです。

FJネクスト・ガーラ木場不買運動
https://youtu.be/w9oMSUQAvuE
FJネクスト住環境破壊Take Me Home
https://youtu.be/GcgBK_QGGjs

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

Twitterまとめ投稿 2016/01/30 [林田力hayariki]


Twitterまとめ投稿 2016/01/29 [林田力hayariki]


Twitterまとめ投稿 2016/01/28 [林田力hayariki]


宜野湾市長選挙

宜野湾市長選挙は、危険な普天間基地を一日でも早く何とかしたいという住民の思いが決め手になったのではないか。辺野古基地移設反対だけでは、その思いに応えることにはならない。そこを突かれたのではないか。
オール沖縄が成立したことは画期的なことで高く評価すべきである。私達がすべきことはオール沖縄を盛り上げることであるとの理屈も理解できる。
その上での指摘となるが、オール沖縄を観念することは沖縄県民同士の利害の相違に無頓着になるという問題点もあると指摘したい。本来ならば、それらの相違を調整し、調和させることが本当の意味でのオール沖縄である。もし辺野古基地反対に集中し、それ以外の声を切り捨てるとなるならば、支持されなくても当然である。それでは誰かの設定したテーマに付和雷同するだけの、右向け右の世界になってしまう。
オール沖縄は成り立ちを踏まえると、オール辺野古基地反対と言うべきものである。故に辺野古基地反対が突出することはオール辺野古基地反対としては正しい。それは正しいが、目の前の普天間基地に苦しむ住民に対して、今は辺野古基地問題が重要である、それに注力しろとは言えないだろう。それを言ってしまえる人がいるとしたら、他者のことを考えない傲慢な人物である。
この問題は一般化して考える意義があると考える。日本の左翼左派には特定のテーマで結集することを是とし、それ以外の問題に無頓着な傾向がある。他の問題提起をする人に対して「分断をつくるな」「当面の課題解決に無益な空理空論」などと排斥する。それは若年層らにとっては、左翼左派が独善的で、自分達の問題意識には応えない存在との印象を与える。右傾化の一因にもなっている。
この傾向は通俗的なマルクス主義の影響があると考える。総資本対総労働という階級対立の枠組みで考えると、労働者階級共通の主張を押し出すことを考えてしまい、労働者の中の利害対立に無頓着になりがちである。
しかし、元々のマルクス主義の画期的なところは、多くの思想家が皆がハッピーになるためにはどうすればいいかを空想していたところに階級対立という厳然たる利害対立を提示したことにある。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

Twitterまとめ投稿 2016/01/27 [林田力hayariki]


Twitterまとめ投稿 2016/01/26 [林田力hayariki]


東急不動産FJネクスト迷惑電話

2016012512140000.jpg#FJネクスト不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #FJネクスト反対運動
東急不動産とFJネクストの迷惑電話は問題である。東急不動産は高田知弘係長が顧客女性に脅迫電話を繰り返して逮捕された(林田力『東急不動産係長脅迫電話逮捕事件』Amazonキンドル)。
ガーラ木場新築工事現場では「カン、カン、カン」という金属を叩く音が住宅地に響く。仮囲いは粗末なものであるが、わざわざめくって作業を進める。住民の被害は甚大である。FJネクストとウラタの悪質な嫌がらせである。
マンション投資は実需と無関係に販売されるため、腐敗の温床となりがちである。マンション投資の勧誘電話は、うさんくさいセミナー講師のセリフと変わらない。巨大過ぎる欲望に飲まれる悪徳不動産業者は利用されるか自らの欲に飲まれて自己崩壊する。社畜とはどのようなものか、骨の髄まで理解できる。現代の問題を山程抱えた企業である。

林田力『二子玉川ライズ反対運動』 @hayachikara
FJネクスト住環境破壊に魔法攻撃

Youtube動画で検索しよう
https://www.youtube.com/user/tokyufubai/
グランド・ガーラ門前仲町不買運動
http://zerozero.7narabe.net/
ガーラ・プレシャス東麻布不買
http://setagaya.sankuzushi.com/
FJネクスト ガーラ木場新築工事 迷惑電話
https://sites.google.com/site/boycottfjnext/
FJネクストが住民説明会で恫喝
https://sites.google.com/site/boycottfjnext/fj
FJネクスト・ウラタ住環境破壊工事1/9 11時半
https://youtu.be/LMnUn0xUETM
FJネクスト・ウラタ住環境破壊工事1/13
https://youtu.be/2M_DEZfHCMY
FJネクスト1/14スラブ配筋工事
https://youtu.be/xric10dGBP4

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog