So-net無料ブログ作成

Twitterまとめ投稿 2016/06/30 [林田力hayariki]


農協の不公正な取引

農協が農家に出荷物を全て農協に納めるように取引制限したことは不公正な取引になる。公正取引委員会が対応する方針と報道された。これは正当である。
この事件に私が関心を持背景には希望のまち東京in東部読書会がある。そこではリバタリアン社会主義が新たなパラダイムとして提示された。リバタリアン社会主義の担い手としては協同組合が指摘される。しかし、この事件は協同組合が組合員の自由を損ないうる存在であることを示している。新しい経済システムの担い手として協同組合を考えるならば個々人の自由を尊重する協同組合を考えなければならない。
一方で現実的な視点に近づくと、農協がTPPや政権の農協改革に反対していることに対する意趣返しと捉える向きもあるが、これには賛成できない。
第一に政権の意図があるとする主張は独立行政委員会の独立性を無視している。
第二に農協の独占禁止法違反は今回が初めてではない。農協も市場の中では一つの事業者であり、市場ルールに反した行動があれば不公正な取引に問われることは当然である。農協だからという甘えはダブルスタンダードになる。
農協を叩くために、このような事件が作られたのではなく、このような問題があるから、農協改革が必要になる。仮に農協を叩きたいという意図があったとしても支持できる。
第一に本件には取引の自由を損なわれた農家という被害者がいる。被害者は救済される必要がある。
第二にTPPに反対する立場であるとしても、農協の既得権を守るためにTPPに反対している訳ではないだろう。むしろTPP反対派こそ農協の既得権などを批判し、改革の方向性を示すべきである。さもなければTPP反対が広範な市民的支持を得られないだろう。

Twitterまとめ投稿 2016/06/29 [林田力hayariki]


Twitterまとめ投稿 2016/06/28 [林田力hayariki]


FJネクスト不買運動

2016062808130000.jpg#FJネクスト不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #FJネクスト反対運動
FJネクストはパリスのリンゴである。パリスのリンゴはトロイア戦争の遠因となった不和と争いの象徴である。FJネクスト迷惑電話と悪質マンション建設は日本、日本人に恨みがあるとしか思えない愚策である。既得権を守って、金を集めることしかしないため、いつも最後は黒船にやられる。

農協もブラック企業である。津山農業協同組合(JAつやま)の職員ら221人が農協を提訴した。未払い残業代に加えて、労働基準法違反があったときに裁判所が支払いを命じる付加金も求めており、請求額全体は6億円近い。こう手の問題は、これを払ったらやっていけないと開き直りがちであるが、実態は上の遊んでる老害のバカ高い給料を維持するためだけに下から搾取しているだけである。
一方で東急ハンズ過労死など通常のブラック企業事件と異なり、農協職員への風当たりも強い。民間労働者の感覚で残業に値する労働をしているかという疑問である。農協に限っては金要求するなら仕事しろと言いたいとの声がある。職員の横領を徹底的に事件化しろとの指摘がある。要は本業以外の手間賃をサラリーマン並みに「くれ!」という話とする。給料を減らして残業代を払ってやれとの皮肉も出た。ゆりかごから墓場まで農家を薬漬け機材漬け借金漬けにして貪る営利団体との酷評もある。
農家のための農協であるはずであるが、農家を搾取し、自分達が肥太っているように映る。現実に農協が農家に不公正な取引を強要する独占禁止法違反の例がある。
これに対しては農協にブラック企業体質があるという問題と、職員の残業のクオリティーが低いという問題は区別できるとの再反論がある。農協職員に未払い残業代請求を支持するか否かは意見が分かれるが、どちらの立場に立つとしても、農協というシステムが破綻しつつあるという認識は共通する。

[FJネクスト不買運動]
[買ってはいけない]
ガーラ・ヴィスタ練馬不買運動
https://youtu.be/ocAgu77Gb-E
[悪質マンション]
FJネクスト評判口コミ - はてなキーワード
http://d.hatena.ne.jp/asin/B01GBQW6N0
Reputation of FJ Next (Japanese Edition) Kindle Edition
https://www.amazon.com/dp/B01GBQW6N0

Twitterまとめ投稿 2016/06/27 [林田力hayariki]


農協で不公正な取引や残業代不払い

農協で不公正な取引や残業代不払いなど問題が続出している。高知のナス農家が農協以外に作物を販売しようとしたところ、農協から妨害を受けたという。農家の取引の自由を侵害している。販売者や消費者と直接繋がろうとする農家の妨げになっている。農協が農家の利益になっていない。農家と消費者の中間搾取者になっている。農協が打ち倒すべき既得権の擁護者になっている。このような農協ならば存在しない方がいい。公正取引委員会がメスを入れることは正当である。
ここに新しい経済体制を考える上で難しい問題がある。株式会社中心の経済から協同組合などの比重を高めていきたいとは、よく言われることである。しかし、この事件から分かるように協同組合も市民の自由の妨げになる存在である。安易に協同組合を理想視できない。
さらに難しい問題は、農協側が取引制限を道徳的に悪いことと思っていない可能性があることである。農協の狙いの一つには生産者の団結による取引競争力の強化がある。個々の農家が商人に農作物を販売すると買い叩かれることがある。それを避けるために個々の農家の農作物を農協に集める。この考え方に立つならば、個々の農家が直接販売者や消費者に販売することは農協の取引競争力を弱めることになり、好ましくないとなってしまう。
これは労働組合では明確である。個々の労働者が労働協約を無視して個別に使用者と労働契約を締結すれば、その労働者が労働組合員ならば、労働組合から制裁を受けるだろう。労働組合には、その権限が認められている。このような考え方に馴染んでいると農協の件も何が悪いのかとなってしまう。貧困ビジネスなどの悪徳商法は悪事と分かっていながら、金儲けのために悪事を働いている。

FJネクスト迷惑電話

2016062622460000.jpg#FJネクスト不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #FJネクスト反対運動
マンション投資の勧誘電話は、儲かりますよと誘うが実は損を嫌というほど被るものである。たちまち身を持ち崩し、奈落の底にのめり込む破綻のコースが待ち受けている。
FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設の反社会性は、出来心でちょっと手を出してしまったという軽い問題ではない。雑魚と言ったら魚に悪いような業者である。FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設は正常な経済を損なう。
FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設は不動産業界、消費者にとって大きな問題である。東証一部上場企業であるが、常識と認識する事態が問題で、コンプライアンスの意識が全く無い。


[貧困ビジネス]
ガーラマンション不買運動12/9
https://www.youtube.com/watch?v=X6VJyb5gVh4
林田力『東急不動産だまし売り裁判』スライドショー
https://youtu.be/Mb2miOQqp6I
吉野健太郎が危険ドラッグ犯罪で有罪判決
https://youtu.be/OcGkFjtpKy8
東急不動産だまし売り裁判Joy to the World
https://youtu.be/TDY0jEeHjno

Twitterまとめ投稿 2016/06/26 [林田力hayariki]


Twitterまとめ投稿 2016/06/25 [林田力hayariki]