So-net無料ブログ作成

林田力Twitterまとめ 2016/10/31 [林田力hayariki]


ガーラ・グランディ木場ボイコット

2016103117370000.jpg#FJネクスト不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #ガーラ・グランディ木場不買
ガーラ・グランディ木場をボイコットしよう。買ってはいけないガーラ・グランディ木場。FJネクストはマンション投資の迷惑勧誘電話で評判が悪い(林田力『FJネクスト迷惑電話』枕石堂)。ハロウィンにもマンション投資の迷惑勧誘電話はいただけない。トリックオアトリートならば可愛いが、迷惑電話の話を聞かなければ、迷惑電話を繰り返すは反社会的である。
FJネクスト迷惑勧誘電話は気分や感情がめまぐるしく変わり、周囲の人々がついてこられない。感情のブレーキが効かず、ちょっとしたことで癇癪を起こしたり、激しく怒る。

[FJネクスト不買運動]
グランド・ガーラ白金高輪は悪質
http://www.hayariki.net/home/takanawa2.html
東急不動産ブランズシティ久が原問題
https://youtu.be/GudxvMzcZ70
FJネクスト・ガーラ・プレシャス東麻布反対運動
https://youtu.be/sXonyAcM8IU
FJネクスト仮囲いを外して悪質工事
https://youtu.be/QYiDXWa2krM
エフ・ジェー・ネクスト不買運動jupiter
https://youtu.be/BHwPWOPR8H8
FJネクスト不買運動
https://youtu.be/3kQD-ufMTmE
吉野健太郎が連邦で宣伝していた危険ドラッグ店リガースの店長は大麻で逮捕された。大麻と危険ドラッグは近い関係にある。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

林田力Twitterまとめ 2016/10/30 [林田力hayariki]


ガーラ・グランディ木場不買

2016101317310000.jpg#FJネクスト不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #ガーラ・グランディ木場不買
買ってはいけないガーラ・グランディ木場。FJネクストはマンション投資の迷惑勧誘電話で評判が悪い(林田力『FJネクスト迷惑電話』枕石堂)。

裏社会を描いた小説である。昭和のヤクザ物のような任侠の美学はない。冒頭は格差社会の犠牲者が視点人物になる。彼の救いになる展開であるために、主人公サイドにあまり悪質さを感じさせない構成は巧みであるが、実際はかなりの悪である。生業も堅気に必然的に迷惑をかけるものであり、ヤクザよりも悪質である。暴力的な描写も多い。
このために筋を重んじる任侠物を嫌いでない身には、あまり感情移入できない。ブラック稼業から完全に足を洗いたいと言っても、これまでの所業からすれば虫が良すぎると感じる。但し、本書で描かれるヤクザの世界は親分が器量のある子分を排除しようとする世界であり、最初から仁義はない。主人公サイドの人物は過去の怨念に直面して若い頃にもう少し「自分」や「生きる」ことを真面目に考えていればと述懐する。
本書の裏社会の人物に感情移入しにくい理由は生き方に華がないためである。幹部クラスの人間がワンルームマンションに住むなど格好よくない。
半グレ・ヤンキーが元ヤクザを複数人で襲ったが、返り討ちに遭う。ここにはリアリティーを感じた。裏社会から離れて数年経つ元ヤクザでも、半グレ・ヤンキーとは格が違う。半グレ・ヤンキーはどこまで行っても、社会の害悪でしかない。

愛知県一宮市の市道交差点で26日、下校中の小学4年生がトラックにはねられ、死亡しました。運転手は「ポケモンGOを使いながら運転していた」と供述しているといいます。警察庁によると、ポケモンGOが原因とみられる交通事故の死者は7月の配信開始以降、全国で3人目です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

林田力Twitterまとめ 2016/10/29 [林田力hayariki]


林田力Twitterまとめ 2016/10/28 [林田力hayariki]


野菜図鑑

マンション投資は失敗が運命付けられている。告発者を逆恨みした危険ドラッグ犯罪者が告発者を貶めるデマを流している。告発者がFJネクスト物件を購入し、マンション投資に失敗したとデマを流している。これは虚偽である。告発者がFJネクスト物件を購入した事実はない。

都民や市民と結び付かなければならない。希望を持てない若者と結び付いて希望を語る。我々の方から門戸を閉ざすことはしない。
鳥越俊太郎の身体検査を行っていないと回答があった。

イラストレーターによる野菜料理の書籍である。色を切り口にして野菜料理をまとめている。色を切り口にしてしているだけあって前編カラーである。これだけ様々な色の野菜があることに驚いた。料理は目でも味わうことができる。実のところ、私は料理を目で味わうことに必ずしもポジティブな印象を持っていなかった。色合いで食品を選ぶということは、着色料をふんだんに使っているものを選択することになりかねないためである。本書のような自然の色を楽しむならば大歓迎である。
印象的な著者の発言に四十を過ぎると野菜が食べたくなるというのがある。これは私も納得できる。私は子どもの頃から肉が好きだった。今でも他の人と比べれば肉好きになるだろうが、それでも最近は野菜も好むようになった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

買ってはいけないガーラ・グランディ木場

2016101918380000.jpg#FJネクスト不買運動 #FJネクスト迷惑電話 #ガーラ・グランディ木場不買
買ってはいけないガーラ・グランディ木場。FJネクストはマンション投資の迷惑勧誘電話で評判が悪い(林田力『FJネクスト迷惑電話』枕石堂)。迷惑勧誘電話営業は世間から疎まれ、肥溜めで死んでいく。迷惑勧誘電話営業の発想は斜め上である。反省したり、とんでもないことをしたという感覚が無い。
マンション投資は何一つ報われることなく、後悔のまま朽ち果てていく。
賃貸住宅の着工戸数は持ち家を上回る水準で伸びており、「バブルの火種になる」と懸念される。不動産投資を狙い撃ちにした法改正がなされるだろう。国民の不動産投資を放置して、頃合いを見て、いきなり、固定資産税や家賃収入への課税を強化する。今は国民を泳がせている最中ではないか。
FJネクスト不買運動はFJネクストを批判する。FJネクストの言動・仕事などの誤りや欠点を指摘し、正すべきであると論じる。
FJネクスト迷惑勧誘電話は他人を勝手に決めつけて攻撃する。FJネクスト迷惑電話や悪質マンション建設は道を踏み外している。
民進党の蓮舫代表の日本国籍と台湾籍の「二重国籍」問題で、市民団体「愛国女性のつどい花時計」の岡真樹子代表らが28日午後、国籍を選択する義務を怠り、参院選で虚偽の事実を公表したとする国籍法違反と公職選挙法違反の罪で、蓮舫氏に対する告発状を東京地検に提出することが分かった。詐欺で立件して、国会議員時代の給料倍返しさせられないか。それくらい腹立たしい。

大麻や危険ドラッグをすると老けてシワシワになる。愚かにも本人はアンチエイジングと称している。本人は老け進行に気がつかない。脳がおかしくなってる証拠ではないか。
吉野健太郎が宣伝していた輸入雑貨店REGARDS(リガーズ)は薬物犯罪で摘発された。薬事法の指定薬物「JWH-018」が含まれた違法ドラッグ(脱法ハーブ)を販売していた
吉野健太郎はアップ屋や東急不動産工作員を自称した御堂岡啓昭との関係が指摘されている。
告発者を逆恨みした危険ドラッグ犯罪者がガーラ・グランディ木場周辺に徘徊する危険があります
吉野健太郎 脱法ハーブ問題
https://sites.google.com/site/yoshinokentarou2/ 吉野健太郎の卑怯なTwitter
https://sites.google.com/site/yoshinokentarou2/yoshiken
吉野健太郎の危険ドラッグ逮捕と連邦
http://hayariki.zashiki.com/
吉野健太郎の危険ドラッグ逮捕と連邦
http://hayariki.blog.so-net.ne.jp/2014-08-31-1

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

林田力Twitterまとめ 2016/10/27 [林田力hayariki]


ホープ第2号はエキタス特集

希望のまち東京in東部のウェブマガジンhope第2号はエキタスを特集します。エキタスは最低賃金1500円などを掲げる新しい若者らの運動です。hopeは希望のまち東京in東部のウェブサイトから閲覧できます。希望のまち東京in東部で検索して下さい。
私がエキタスを評価する点は自分達のニーズに対してストレートな要求を出している点です。低賃金で生活に苦しいから最低賃金引き上げを求めます。これは至極当然な求めです。ところが、運動界隈では至極当然な求めにならないという不可思議な現象があります。貧困対策と言えば失業保険や生活保護など社会保障の充実にばかり関心が向かいがちです。しかし、それらは現実に貧困に苦しむ若年層や現役世代にとって使い勝手の良い制度ではありません。運動界隈が社会主義や福祉国家のドグマに浸かって、弱者のためと言いつつも、市場経済に生きる若年層や現役世代の求めるものから遊離してしまいがちです。出てきそうで中々出てこない賃金をあげるという運動に大いに期待します。
一方、賃金を増やしたいならば労働組合を結成して団体交渉することが伝統的な労働運動の発想です。しかし、その労働運動の恩恵とは無縁な周辺労働者は一億総中流幻想の時代から存在しました。それが拡大したのが現代のワーキングプアです。労働運動的なアプローチだけでは、こぼれ落ちる労働者が絶対に出てくるのではないかとの思いがあります。集団的労働関係をすっ飛ばし、全労働者に一律に適用される最低賃金アップを求めることは現場の気質に合っています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog