So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

るろうに剣心7巻

『るろうに剣心』7巻は京都篇が幕を開ける。幕を開けると言っても京都に着いていない。東京を出発するまでで丸々1巻が費やされる。しかし、単なる導入部と侮るなかれ。幕末明治を駆け抜けた歴史上の人物が登場し、歴史上の事件が描かれる。
剣心が戦わなければ物語は成り立たないが、京都篇は明治政府の尻拭いのための戦いである。周りのキャラクターの言う通り、剣心が戦う必要はない。目の前の問題を解決するという名目で特定人に負担を押し付ける。特殊日本的集団主義は現代日本に通じる問題である。本書に描かれた明治政府の腐敗、傲慢、身勝手も現代日本の官僚制に通じる。
本書は大久保利通を議会開設論者と描いている。これは興味深い。伊藤博文を大久保の継承者とする見方が一般である。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。