So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

林田力Twitterまとめ 2018/07/31 [林田力hayariki]


nice!(0)  コメント(0) 

王様の仕立て屋

『王様の仕立て屋』はナポリの日本人の仕立て屋を主人公とした漫画である。一話完結型の作品である。顧客の服を仕立てることで、顧客の抱えていた問題を解決していく。『美味しんぼ』が料理、『ギャラリーフェイク』が美術を通して人の抱えていた問題を解決することに重なる。
『王様の仕立て屋』とのタイトルであるが、王室御用達ではない。そのため、王宮政治的な話はない。
nice!(0)  コメント(0) 

林田力Twitterまとめ 2018/07/30 [林田力hayariki]


nice!(0)  コメント(0) 

林田力Twitterまとめ 2018/07/29 [林田力hayariki]


nice!(0)  コメント(0) 

テイクツー第7巻

テイクツー第7巻では焼きそばソースを発端とするヤクザの抗争事件が勃発する。一方のヤクザの親分が無茶苦茶である。常識外れの主張を押し通す。抗争の泥沼化は必然である。若頭の林田与一には常識がある。常識的な提言をするが、親分には否定される。親分の異常性が際立っている。
ヤクザの論理に親が黒と言えば黒というものがある。本書の菊水会は、その論理通りの組織である。しかし、ヤクザ作品などで登場する真っ当なヤクザは、そこまで親分の理不尽な専横はない。どちらかと言えば、親が黒と言えば黒はダメなヤクザ組織を象徴させている。そして、このような体質はヤクザに限らない。公務員組織など特殊日本的集団主義の中で広く見られるものである。
nice!(0)  コメント(0) 

林田力Twitterまとめ 2018/07/28 [林田力hayariki]


nice!(0)  コメント(0) 

市民選挙研究会

市民選挙研究会が2018年7月に東京都新宿区で開催され、私も参加しました。原則毎月開催する研究会です。
小金井市の監査請求の話が印象に残りました。報酬が11000円と規定されているのに、小金井市が10000円しか払っていなかった問題です。小金井市のミスは明らかですが、小金井市は、報酬を10000円と規定するところ、11000円と誤記したと主張しています。これが通るならば本来の正しい報酬が10000円で、10000円の報酬を受け取っていた人は損をしていないという言い分が出てきかねません。ルール無視の論理です。
私には似たような経験があります。私が購入したマンションは東急コミュニティーに管理を委託していましたが、東急コミュニティーは契約書に定められた点検回数よりも少ない回数で点検していました。真相発覚後に東急コミュニティーは契約書の記載が誤りで、実際の点検回数が正しいと正当化しました。東急コミュニティーは管理組合からの管理委託費値下げの依頼も拒否しました。管理組合は管理会社を東急コミュニティーから独立系に変更しました(林田力『東急コミュニティー解約記』Amazonキンドル)。
日本では声の大きいものの都合でルールが歪められ、負担や我慢を強いられがちです。小金井市の監査請求でルールを貫徹させたことは喜ばしいことです。
nice!(0)  コメント(0) 

林田力Twitterまとめ 2018/07/27 [林田力hayariki]


nice!(0)  コメント(0) 

林田力Twitterまとめ 2018/07/26 [林田力hayariki]


nice!(0)  コメント(0) 

進撃の巨人24

進撃の巨人24巻は引き続きマーレが舞台である。また、ライナーの視点で壁の中への潜入生活が描かれる。最初からトラブルに陥っていた。不確定要素の多い無理な作戦であった。物語の冒頭でエレンらに絶望をもたらした壁の破壊であるが、破壊する側も余裕のない状況であった。
マーレの話では新たにタイバー家という名家が登場する。エレディア人の貴族であったが、マーレに味方してマーレで名家として扱われている。
黒幕として裏から操る一族との設定は、ロスチャイルドやロックフェラーを連想する。裏切った一族が裏切った先で勢力を持つ設定は田中芳樹『タイタニア』と重なる。
このまま壁の中を攻める話が進んでいくかと思われたが、この巻の終わりは意外な展開になる。これはライナーと同じくらい意表を突かれた。度肝を抜かれた。過去の『進撃の巨人』はエレン達の認識した範囲で描かれたため、謎は中々分からなかった。これに対してマーレ編は与えられる情報量は多い。しかし、ここに来てエレン達は何をやっていたのかという謎が出てきた。
nice!(0)  コメント(0)