So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

地理9月号

地理9月号は「都市×若者×観光」を特集する。直近では台風21号と北海道地震という大ニュースがあるが、本書には反映されていない。日本社会には全員総出で目の前の火を消すことに注力するような近視眼的な傾向がある。本誌の月刊誌という時間軸は落ち着きを与えてくれる。
金延景「若者の新たな観光・レジャー空間としてのエスニックタウン」は大久保コリアタウンを取り上げる。
磯野巧「若者によるインバウンド需要への対応」は渋谷駅周辺の外国人観光客向け街頭ボランティアガイドを紹介する。外国人観光客にとってハチ公像やスクランブル交差点は撮影スポットであるが、多くの観光客は撮影したら別の場所に行き、渋谷の消費に結び付かない。そのためにボランティアガイドの意義は大きいが、渋谷駅の案内が多い(53頁)。渋谷再開発によって渋谷駅は日本人でもうんざりするほど複雑になり、不便になった。その尻拭いをボランティアがしているならば、ボランティアの活発化を喜べない。ボランティアに成り立っていること自体がシステムの欠陥を示すことになる。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

林田力Twitterまとめ 2018/09/12 [林田力hayariki]


nice!(0)  コメント(0) 

林田力Twitterまとめ 2018/09/11 [林田力hayariki]


nice!(0)  コメント(0) 

僕のヒーローアカデミア

『僕のヒーローアカデミア』は個性と呼ばれる特殊能力を持つことが一般化した未来でヒーローを目指す少年漫画である。週刊少年ジャンプ連載作品。アニメ化された。略称はヒロアカ。
個性を持たないというディスアドバンテージを持った少年が熱意と努力で突き進む。昭和の王道的な少年漫画に近い。効率的に任務を目的を達成することよりも人を助けることを評価する。その行動が他人を動かす。師匠ポジションのオールマイトも今風の漫画ならばイケメンになりそうであるが、そうではない。
21世紀では昭和の王道は古いと、やる気のない主人公のように、そこから外れた作品が目立つが、本作品は直球である。本作品が人気であることは少年の嗜好が先祖帰りしたのだろうか。
主人公は物語開始時点では中学3年生である。ヒーロー育成のエリート高校入学を目指す。これは形を変えた偏差値輪切り教育ではないか。漫画の世界では偏差値輪切りのアンチテーゼを提示して欲しい気がする。それとも、ゆとり教育が普及して今の少年には逆に偏差値輪切り教育に価値を見出だすようになっているのだろうか。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

林田力Twitterまとめ 2018/09/10 [林田力hayariki]


nice!(0)  コメント(0) 

老人たちの裏社会

『老人たちの裏社会』は暴走老人を取り上げた書籍である。人間は誰しも年を取るが、こうはなりたくないものである。その点で何故、暴走老人になってしまうかという観点から読み進めた。
私が感じた大きな原因は孤独である。但し、孤独が悪い訳ではない。むしろ、暴走老人のトラブルは人間関係の中から生じているものが多い。孤独への耐性が乏しいことが原因である。これは昭和の集団主義で走ってきた日本社会の問題である。今はゲームでもレジャーでも「おひとりさま」で十分に楽しめるのに勿体無い話である。この点は個人主義が高まった私のようなロスジェネ世代は安心である。逆にロスジェネ世代よりも下の世代の方がコミュニケーション至上主義があり、昭和の集団主義を懐かしむ感覚もあり、危うさを覚える。
第二にバブル時代の成功体験から抜け出せず、その時の感覚のままの言動になってしまうことがある。これもロスジェネ世代には無縁である。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

林田力Twitterまとめ 2018/09/09 [林田力hayariki]


nice!(0)  コメント(0) 

るろうに剣心7巻

『るろうに剣心』7巻は京都篇が幕を開ける。幕を開けると言っても京都に着いていない。東京を出発するまでで丸々1巻が費やされる。しかし、単なる導入部と侮るなかれ。幕末明治を駆け抜けた歴史上の人物が登場し、歴史上の事件が描かれる。
剣心が戦わなければ物語は成り立たないが、京都篇は明治政府の尻拭いのための戦いである。周りのキャラクターの言う通り、剣心が戦う必要はない。目の前の問題を解決するという名目で特定人に負担を押し付ける。特殊日本的集団主義は現代日本に通じる問題である。本書に描かれた明治政府の腐敗、傲慢、身勝手も現代日本の官僚制に通じる。
本書は大久保利通を議会開設論者と描いている。これは興味深い。伊藤博文を大久保の継承者とする見方が一般である。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

月は無慈悲な夜の女王

『月は無慈悲な夜の女王』はSF小説の古典である。人類が月に移民し、月生まれ、月育ちの世代もいる未来が舞台である。月は地球連邦の植民地として収奪されていた。その月が独立を目指し、地球連邦と戦う。アメリカ独立戦争を連想させる。無料の昼飯はないとのスローガンは自由を求める人の覚悟を示している。
一方で宇宙開発が夢や希望ばかりの世界ではないことを本書は教えてくれた。月に暮らすと体が低重力に慣れてしまい、地球に帰れなくなる。これは恐ろしいことである。また、月からの地球への攻撃は、地球に暮らす人間としては恐ろしい。物語は大団円となったが、地球側としては月を徹底的に破壊しなければ安心できないのではないか。このように宇宙移民は地球に暮らす人とは違うという感覚を抱かせてしまう。そこを思い止まらせ、月に感情移入させる要素が地球連邦の強権である。宇宙移民による地球への一方的な攻撃と地球連邦の腐敗は機動戦士ガンダムとも重なる。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

林田力Twitterまとめ 2018/09/08 [林田力hayariki]


nice!(0)  コメント(0)